活躍の場を広げる
JUAVACドローン エキスパート
アカデミーのカリキュラム

高度なフライト技術だけでなく、将来の仕事や今の会社に役立つ専門技術をラインアップ。実践的なカリキュラムと認定ライセンスがあなたを待っています。

フライト基本技術コース

座学と実技を通じ、国土交通省への飛行許可申請が可能となる10時間フライトを達成する基本コース

250,000円(税抜)

対象 全員

  1日目 2日目 3日目 4日目

座学
注意・安全・ドローンについて・申請等
シミュレーション
座学
気象・電波
座学
その他
試験シミュレーション
練習

実技
基礎
実技
8の字等
実技
空撮・ATTI等
試験
座学・実技

備考 試験にて基準を満たさない場合は追試を行います。

  • 安全な運航を重視した講義内容です。
  • 操縦に必要な法律、気象、機体構造、安全対策等について学びます。
  • GPSモードだけではなく、ATTI(GPSが切れている)モードでドローンの操縦ができるよう実技を行います。
  • 飛行許可申請の基準を満たしているので、卒業後は国土交通省へ飛行許可申請を行うことが出来るようになります。

※カリキュラムは諸般の事情により変更することがありますのでご了承ください。

 

測量基本技術コース
株式会社パスコ監修カリキュラム

初級

測量の基礎知識とドローンによる空中写真測量の方法を習得し、空撮と解析方法の基礎を学ぶコース

270,000円(税抜)

  • 対象 全員 
  • ※5日目(初級)のみを受講の場合はフライト基本技術コースを卒業された方、又は10時間以上のフライト経験をお持ちの方。無人航空機の飛行に係る許可・承認書をお持ちの方。
  1日目 2日目 3日目 4日目 5日目(初級)

座学
注意・安全・ドローンについて・申請等
シミュレーション
座学
気象・電波
座学
その他
試験シミュレーション
練習
座学
測量の基礎知識
空中写真測量の基礎知識
フライトプラン等

実技
基礎
実技
8の字等
実技
空撮・ATTI等
試験
座学・実技
実技
自動航行撮影
三次元解析
試験
  • 測量士による空中写真測量の補助ができることを目指します。
  • 自動航行による空中写真測量において必要な素材を収集し、簡易な解析結果を得られるまでの技術を習得することができます。
  • 空中写真測量の要点と解析方法を理解することで、成果物の精度向上の基礎を学びます。
  • その他、空中写真測量を行う際の安全管理など、実践で役立つ知識を得ることができます。
  • フライト基本技術コースの内容を含み飛行許可申請の要件を満たしているので、卒業後は国土交通省へ飛行許可申請を行うことが出来るようになります。

自動航行フライト

実際の現場で自動航行による安全な飛行を実施するために必要な飛行実習(自動航行)と注意点(安全対策)を1日で学べるコース

270,000円(税抜)

  • 対象
  • フライト基本技術コースを卒業された方、かつ空中写真測量の知識と三次元解析の経験者。

中級

「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」・「空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土木編)(案)」に準拠した知識と技能を習得し、卒業後は i-Constructionの実際の現場で活躍可能なスキルを得られるコースです。

300,000円(税抜)

  • 対象
  • 測量初級を卒業、または同等の知識と技能を有する方で、測量の基礎知識及び実測の技能を有する方(対象外の方はフォロー講習有り)
1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目
座学
測量基礎知識(基準点・写真測量・作業規定準則等)
「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」
「空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土木編)(案)」
「三次元点群を利用した断面図作成マニュアル」
「公共測量におけるUAVの使用に関する安全基準」
準拠の精度管理知識
実技
撮影計画
自動航行撮影
対標設置観測
SfM処理
フィルタリング
出来形管理
試験
  • 国土交通省、国土地理院が推進するドローンを利用した公共測量マニュアルおよび出来形管理要領等を使用して、国土交通省、国土地理院が求めるレベルで空中写真測量を完全に実施できることを目指します。講座では位置精度5cm以内の精度で実施します。
  • i-Constructionで求められるデスクワークの知識と、実践技能の全てを網羅し、現場で不足のないスキルを習得することができます。
  • 出来形管理の講義では、作成した三次元点群の検査及び出来形管理に必要な帳票作成の一連の作業を習得することができます。(出来形管理ではパスコ社製プログラムを使用します)

 

非破壊検査基本技術コース

初級

ドローンで構造物点検を行うための、点検に必要な初歩の技術と技術向上を目指すコース

270,000円(税抜)

  • 対象
  • 全員 ※5日目(初級)のみを受講の場合はフライト基本技術コースを卒業された方、又は10時間以上のフライト経験をお持ちの方。
  1日目 2日目 3日目 4日目 5日目(初級)

座学
注意・安全・ドローンについて・申請等
シミュレーション
座学
気象・電波
座学
その他
試験シミュレーション
練習
実技
点検に必要な初歩の技術
技術向上するための練習

実技
基礎
実技
8の字等
実技
空撮・ATTI等
試験
座学・実技
  • 非破壊点検を行いたい方だけでなく技術を向上させたい方など、どなたでも受講頂けます。

中級

構造物を使った実践的な実地を通して、ドローンでの点検に必要な基礎技術を学べるコース

300,000円(税抜)

  • 対象
  • フライト基本技術コースを卒業後に非破壊検査基本技術コースの初級を受講された方、無人航空機の飛行に係る許可・承認書をお持ちの方
1日 2日 3日 4日
座学
産業用機体の扱い方
点検の着目点
安全対策
実技
2名体制で
現場を想定した演習
実技
3名体制で
現場を想定した演習
実技
復習
実技
産業用機体を使用した
基本練習
試験
  • 現場でのリスク管理を習得することで、安全な点検ができることを目指します。
  • 目視外や構造物への接近を屋外で行うため、地方航空局より飛行の許可・承認を受けていることが必須となります。
  • 実際の構造物を点検することで、卒業後すぐにドローンでの点検が行える技術の習得を目指します。
  • 1人で構造物に接近する練習に加え、2人1組・3人1組になり操縦者と撮影・指示を行うものに分かれた練習など、実践形式での練習を行います。

※自治体向けに、ドローンでの点検および通常の点検(地上、梯子程度)を学べるコースも検討しています。
※自治体と協力して実習でお借りした橋梁の報告書を作成することも検討しています。
※カリキュラムは諸般の事情により変更することがありますのでご了承ください。

 

 

お電話でのお問合せ・申込み052-684-7814[受付時間 ] 月~金8:00~17:00
メールフォームでのお問合せ・申込み